戸建内覧会事前準備項目|住まいの調査団

内覧会の準備とお願い


  1. 内覧会当日の持ち物について、
  2. 住宅業者様にお伝えください。
  3. 内覧会当日、ご協力ください。
  4. 写真撮影について、

1.内覧会当日の持ち物について

内覧会当日、ご用意ください。

  • 間取り図のコピー
  • その他の図面(あれば)
  • 筆記用具
  • メジャー(コンベックス)<任意>
  • デジカメ<任意>

間取り図のコピー

図面等は当日、実際のお部屋との照合に使用します。
・お客様用2枚ほど — 当日、採寸時の記入や不具合項目などを記入するのに必要になります。
・内覧会同行スタッフ用2枚 — 当日、お部屋が図面と相違ないことを確認します。

その他の図面(あれば)

(あれば)という記載をしていますのは、一戸建ての場合、図面をあまり用意されない住宅業者様もあるゆえです。これは、住宅会社様、それぞれです。この点について住宅業者様の善し悪しということではありません。
・その他の図面とは、
配置図、立面図、矩計図、各設備図等を指します。その他、地盤調査報告書があれば、ご用意ください。当日に設計者の観点としてお話することできます。

筆記用具

上記においての記載などに必要になります。

メジャー(コンベックス)<任意>

当日、家具置場やカーテンの採寸をする場合お持ちください。

デジカメ<任意>

不具合個所の写真を撮る場合に使います。当日は立会いの施工者様等が指摘事項についてはチェックシートに記録しますが、写真におさめておきたいと思われる方はお持ちください。また、内覧会はお引渡し前のイベントでもありますので記念撮影という主旨にてお持ちいただくことでもよいと思います.




住宅業者様にお伝えしてもらいたいこと。

内覧業者が立会うことをお伝えください。

内覧会において第三者の立会いを考えていることを必ずお話ください。
「内覧会に専門家を依頼しましたので、よろしくお願いします。」
「十分にご信頼していますが、私どもの安心のために第三者の専門家に内覧会の立会いをお願いしていますが、いいですか?」など、一声お声がけをお願い申し上げます。
その際、住宅業者様から「どのような人ですか?」「内覧会の同行業者ですか?」
などの質問があがる場合がありますが、「住まいの調査団またはアスナロデザイン」など会社名をお伝えください。


なぜ、立ち会うことを伝える必要があるのか?

お引渡し前のお住まいは、まだ住宅業者様の所有です。そのために、事前承諾をお願いしています。
一言、お知らせいただくことで、円滑に内覧会が行われるようになります。
また、内覧会当日にて、事前連絡なしに、私共がお伺いしたケースでこのようなことがありました。
・住居への立ち入りの拒否。
・住宅業者様の険悪な状態での立会い。
その他、住宅業者様が、どのような対応をしてよいかわからず、ただ、かたくなにお客様や私共スタッフの話を拒否したりするケースがありました。

これから、アフターサービスや点検時など今後も住宅業者様と末永いお付き合いをする、あなたにとって不利益な状況になるようでは、困ります。そのため、事前に内覧業者が立会うことについての旨をご連絡していただくようご協力お願いいたします。
なお、住宅業者様の承諾などが得られない場合は、同行のご依頼をお断りすることもございます。予めご了承ください。



内覧会当日、ご協力いただきたいこと。

スタッフがお部屋のチェックしている間、お客様から「内覧会時に私達は何をしたらいいの?事前に教えて!」などのお話をよくいただきます。また、楽しみにしている新居の内覧会、ご契約様検査会でもあります。ご自身にてチェックすることで、より住まいに愛着が湧いてきます。次の3つをご協力お願いします。

傷や汚れ、クロスなどの内装について。
スタッフも傷や汚れについて基本チェックにあわせて確認しております。しかし、傷や汚れ、クロスの症状は、気がつかない場合がございます。また、人それぞれ感じ方に個人差もあります。そのため、多くの目で見ることが大切になりますのでご協力ください。判断基準に迷う箇所がありましたらスタッフにお気軽にお声をお掛けください。

可動できるものは動かしてください。
窓やドアなど可動できるものは必ず動かしてみてください。「窓が少し重たいように感じる、どうなの?」違和感があればご遠慮なくスタッフにお話ください。

お部屋内を歩き廻ってください。
床の音鳴り等についての確認となります。(スタッフも十分に確認いたします) ご自身にてお部屋内を歩き廻っていただき、床の音鳴りなどの違和感がないことについてご協力ください。



チェック箇所等の写真撮影について

内覧会当日、スタッフは、チェック箇所等について、デジタルカメラにより写真撮影を行っています。
撮影趣旨
内覧会終了後のレポートへの利用が主な目的です。写真掲載により、わかりやすいリポートを目指しています。また、撮影したデーター全てを、内覧会終了後、お客様にお渡しいたします。(ダウンロード形式)
データーは、1ヶ月を目安に消去しております。また、一部、ホームページへの利用や今後の参考資料として保存する写真もございます。しかし、物件が特定できるような掲載は禁止しておりますのでご安心ください。

指摘箇所は撮影していません。
基本的に指摘箇所の撮影は行っておりません。但し、手直し状況のための確認、また、懸念箇所から、不具合に繋がるようなおそれがある場合、撮影を行っております。指摘箇所の写真がご必要な場合には、お客様のカメラにて撮影ください。



内覧会同行サポート詳細へ