家は、築何年で古いイメージとなるのか?

50歳のイメージってどう?

年齢への意識って、男性、女性、違うよね。
僕は、30代、40代、あまり年齢を意識したことがなかった。
でも、50代って、さすがに、だいぶきてるなぁ~って、感じがするんです(僕は52)
例えば、山田太郎 53歳 と、書いてあるのを見るとするでしょ。その人を知らないと勝手なイメージで、50代のジジィかと思うワケ。自分は52歳なのに!

そして、先日、妻が誕生日を迎えた。

noshiro
おめでとう、50歳!
HANAKO
ちぃ・・・・・・

僕は妻に余計なことを言ったようだ。
妻のムカついていた顔が、今も目に浮かぶ。

それでは、家は何歳からが、古いと思う?

家には性別はないけど、マンションと戸建の違いがある。
築年数、何年くらいから、古いと感じる?直感的に考えてみて!





築30年、40年、僕とおんなじ50年?
どうだろう。
 
これは、だぶん、人それぞれだと思う。
その人の、今まで生きてきた経験によっても、違うんじゃないかなぁ
だから、古い家は、築何年から、という基準ない。
 
でも、あえて基準を定めるすれば、これだろう。
 

住宅取得税制優遇の基準が参考になる!?

 
住宅を購入すると、税制優遇が受けられる。これは、新築だけはなく中古住宅にも適応される。そして、優遇が利用できる基準が築年数なんだよね。

・戸建は築20年以内
・マンションは築25年以内

となっている。
あなたは、この築年数20年・25年を見て、どう思う?
古い家のイメージとして、なかなか、いい線いっているように感じない?

例えば、戸建築23年、マンション築28年。
ちょっと古いかなぁ、とイメージするかもしれないね。

ちなみに、上記の築年数を超える場合には、別の証明書(耐震基準)が取得できれば利用できるよ。
 
 

物件イメージは、売りやすさに直結する。

売ることを目的に、家を買うワケではないけど、家を買う時には、少なからず「売りやすさ」も気になる人も多いと思う。
専門的に突き詰めれば、いろんな資産性のデーターを引っ張り出して、理屈ぽく語ることはできる、しかし、一般的には、専門家同士が売り買いするワケではない。家が欲しい人、売りたい人の間で、売り買いが成立するワケだよね。
だから、理屈よりも「イメージのよい家」これが売りやすさに影響してくるのは、事実なんだ。「イメージのよい家」これは、大きなポイントだよ。

家を売りたいと考えている人は、戸建20年以内・マンション25年以内。これをひとつの目安とするといいと思うよ。
もちろん、家は築年数だけで語れるものではないけど、ひとつの目安ということ。
 
 
 
そして、
先日、娘にこんなことを聞いてみた。

noshiro
おじさんは何歳から・・・
と、
 
YUU
あたしから見たら、40も50も一緒。・・っていうか、おじさんなんて、どうでもいいよ。
noshiro
・・・・
 
年を重ねると、年齢を意識するとけど、自分だけが気にしているのかもね。
 
そして、今日も妻は、年をカバーしようと一生懸命・・・、
僕に、素敵な奥様と感じてもらいたいからだろうか・・・・? 
いやいや、それは決してない。
きっと・・・、勤め先にいる、若いイケメン男子へのアピールに違いない?
 

でも、いつまでも、綺麗でいたい。
自分を磨く(?)ことはいいことだと思う。
 
そして、家も同じ。いつまでも綺麗にしてあげること。
これも「イメージのよい家」のひとつになる。

 
 
それでは、
-のしろ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)