内覧会、どうして、改札口での待合わせ?

2015年10月5日

内覧会に限ってのことなんですが、
当日のお待合わせは、基本、改札口にしています。

もちろん、お客様が直接マンションに向かった方が、都合のいい時は、
マンションエントランス前にしています。

なんで、改札口なのか?

エントラスのお待合わせの場合、スグにマンションに入り、部屋に入り、チェックが始まります。そして、チェックが終わり、内容説明をして終わる。こんな感じになります。
ようは、業務だけを終えて、終わるみないな感じが、僕は嫌なんです。
サポートの目的は達しているのでいいのかもしれませが・・・。

マンションの場合、駅スグ、徒歩2分・3分なんてことも多いです。
でも、マンションに入る前まで、歩きながら、少しでもお話できると、
お客様との距離が縮まるように思えるんですね。

相談や中古内見はコンサルがメインになりますので、対面してお話する時間が長い。
だから、あえて駅で待ち合わせをしなくてもいいんですが、
内覧会はそうではないので、改札口にしています。

それでは
-のしろ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)