リフォームすれば、いい!?

2019年4月5日
From 野城

これからの僕の話は、長く家に関わってきた経験値からの主観的な話となる。
だから、軽く読んでもらっていいよ。

大事にされてこなった家、どう?

僕は、中古住宅購入におけるローン審査のひとつである建物調査をしている。
調査で訪ねた家には「なんで、、こんな状態なの?」と感じるケースがある。

それは、欠陥住宅とか、家の耐久性や劣化症状の話ではない。「どうしたの、 この家は?」と感じさせるような家である。こんな家を訪れると、早く調査を終え、家を後にしたい気持ちになる。

たった、10年の家なのに、こんなに荒れている?
ドアの表面に割れたような穴(蹴っ飛ばしたんだろう)
壁クロス、どうして、こんなに剥がれる?(ペットか? でもこんな上、届かないだろう)
汚い便器。
そして、オーナーの所持品と思われる銀行通帳が何通も散乱、そして、財布までも置いてある(なぜ?)

もし、僕が家を探していたとしたら、買う気にならないだろう! リフォームすれば、綺麗になるとしても、、、、。

大事していなかった、、、、と感じる家は買わない。

あなただったら、どうだろう?

それでは、
ーのしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)