内覧会。どこまで言っていいの?

2019年8月10日
From野城

 

暑い中、忙しい、、、でも本当に感謝ですわ。
クーラーの無い部屋でのチェック、、、、
湧き出る、汗、汗、汗、、、、皆様お疲れ様です。
僕も終わった後は、クタクタ。
汗って、若い人は様になるけど、僕くらいのじじぃの大量の汗はあまりカッコイイもんではないよね。しかし、これからも猛暑の中の内覧会が待っている。カッコよくないけど、頑張るよ。

 

ということで、久々に内覧会チェックについての記事をあなたにシャアしたい。
これから、内覧会を迎えるあなたにとって役に立てば幸いである。

 

内覧会。どこまで言って良いの?

内覧会チェックで気になる箇所。どこまで言っていいのか? 内覧会を迎えた方の多くが感じているみたい。

 

内覧会中、僕に聞きに来られる方も多い。
「どの程度まで、言っていいんですか」と。
僕はいつもこうお話している。
「これぐらいはいいか、、、とか、一線で区切らず気になる箇所は、まずは伝えてください」と。

「このぐらいの汚れなら落ちそうだから、自分でやればいいや」とか
「このぐらいの傷であれば、住んでしまえばスグにつくから、、、」
こんな遠慮はいらない。
このように思うということは、気になったということだよね。
だから、遠慮せず話していこう。
納得できる内覧会のために。

 

それでは、
ーのしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)