販売戸数低下!!

2015年7月27日

僕は7年前のブログでこんなことを書いている。
______________________________________________

08年7月15日【カテゴリー マンション  NO3】

マンション発売数の低下

今年1月~6月までのマンション発売戸数が前年比ー約24%となりました。
この状態だと、今年の発売は4万戸ほどらしい。
数年前のピーク時の約半分ですね。
この数字は1993年以来ということで、
バブル景気が終わってからは景気の低迷時期と同じ水準らしいです。
______________________________________________

さて、今年上半期のマンション販売戸数は1万8,000戸程。
これはリーマンションショック以来の低い戸数。

この状況、今後の動向をどう読んだらいいだろうか。

確かに2008年とは状況は全く異なる。
この当時は売れないことで、価格が下落した。

しかし、現在はどうだろう? 
人件費や資材の高騰により価格が高騰している。
さらに、競合が少ないことも要因であろう。

マンション景気は、中央から郊外に波状に広がるが今回はとても鈍い。

今後はどうなるのだろうか?

僕はこう考えている。
マンションを買う30代、この世代の動向がキーマンとなる。

この世代、僕にはとても堅実に見える。
お金を使う目的がとても明確ともいえる。

家賃と対比し、低金利が続けば、少ない戸数の中、ある程度維持していくんだろうね。

ただ、何度もいうが堅実である。
持家論が得であるという状況が維持できればのことである。
 

話は外れるが、僕は洋服屋によく行く。僕の洋服のサイズは一般的なMかL(Mが多いかな)そこで気づいたことがある。夏のセールの売れ行きである。
昨年まではセール初日にいかないとM、Lが無くなり、S以下またはXLしかないことが多い。しかし、今年はどうだろう。セール期間が終わってもMが残り値下げ札が付いている。ちなみに僕も今年はセールに参加せず、買っていない。

たった1年で状況が変わっている。これをどう考える。
ファストファッションと言われるブランドはいいのだろうか。
しかし、株価は2万円台。でも、マクドナルドはだめだ。

着実に消費者の心を掴んだところが最終的には残るだろうが、
マンションに関わらず、この物価の上昇。オリンピックまで維持できるのだろうか。

ワクワクするね。これからの動向が!!
観客のように外から楽しむのもいいかもね。

では、
-のしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)