建設業、給料安すぎない?

今日、企業の年収ランキングが出ていたけど、
建設業は、相変わらず、低いよね。

126位鹿島建設(891万)
127位大成建設
128位大林組

これ、日本を代表する大手ゼネコンだからね。
それも、ここに勤められるのは、ごく一部の人に限られる。
 
「夢=お金」だけではないけど、これも一理ある。

また、現在は、建築士を取得して、独立しようとする人も、
グンと少なくなっているようだ。

確かに、現在、あまり、建築士に夢を感じさせないし、魅力も少ないと感じる。
これは、我々の責任でもあるけどね。
 
恥ずかしいけど、僕が20代の頃、勤めていた小さな設計事務所では、年収200万円くらいしかもらっていなかった。
これで、朝から夜まで、そして休日出勤。事務所の床に転がって寝ることもたびたびあった。
今で言えば、まさにブラックだよ。

でもね、僕の時代やその先輩たちは、
設計事務所は学びの場と考え、独立することが、ひとつの目標であった人が多かった。
だから、僕もその当時、200万円でも、あまり、それを意識しなかったように思えるんだ。
僕は、26歳で結婚して、その翌年に子供が生まれてからは、生活のことを考えて、転職をしていったけどね。
だから、独立する年齢も、少し遅くなったと思う。
 
 
メディア関係や金融、IT企業とはお金の流れが違うから、仕方ないかもしれなけど、
やっぱり、建設業の給与ベースは低いよ。
こんなことも、悪循環になってしまう原因かもしれないよね。
 
 
それでは、
ーのしろ
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)