不動産屋さんのイメージとは、

2015年11月23日

不動産屋さんって、どんな印象?

あなたは、不動産屋さんにどんなイメージを持ちますか?
これ、年代によっても、違うかもしれませんね。
僕の年代やその上の人は、悪いイメージを持っている人も多いと思います。

なぜでしょう?
僕もよくわかないけど、なんかこんなイメージがあるのかもしれません。
だまされる、柄が悪い(怖い)、地上げ、そして、お金がたくさんあると思われる。
 
お金がたくさんあることは決して悪いことではありませんが、悪いイメージと融合してしまい、悪いお金を集めているようにも感じてしまうのかもしれませんね。
 
ここまで、悪いイメージは現在はありませんが、しかし、不動産営業というと、口がうまい、売るための営業トークが盛ん。こんなイメージがあり疑いの目を向けてしまうことも多いですよね。
これが、ちょっとした家電を買うくらいであれば気にならないですが、不動産は大きなお金が動くことで、より慎重になり、このように感じるんだと思います。
 
ということは、逆に考えると、ちょっとした家電であれば、簡単な営業トーク連発でもいいけど、不動産であれば、慎重に営業をしないといけないということになります。
これを、意識しているか、してないかで、大きく不動産屋さんのイメージも変わるでしょうね。
 
なんで、こんな話をしたか、というと、
この間、久々に、不動産屋のイメージ、そのままの人に出会ったんです。 こんなにお客様からの信頼がなくていいの!! みたいな感じでした。
不動産売買は、リピート性が少なく、新規客、新規客・・・みたいな商売で、繰り返し買ってもらう商売ではありません。 これが、お客様を軽く考えてしまう要因になってしまうのかもしれません。

とても、親身に接してくれる、不動産屋さんもたくさんありますが、久々に違和感の強い人に出会ったので、こんなことを思ったのです。
 
あなたは、不動産屋さんのイメージ、どんな感じですか?
 
 
それでは、
ーのしろ
0-75
 

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)