毎年、年賀状どうしていますか?

2015/12/14

先週、義父が他界したお話をしたんですが、寂しさを感じることが、更にあったので、少し、先にお話したいと思います。
それは、今日、義父の名前で、お歳暮が届いたんです。
生前、義父は、お中元やお歳暮、また、季節の果物などを、いつも忘れずに送ってくれる方で、このお歳暮も、亡くなる直前に手配されたのではないかと思います。
葬儀も全て終了した、直後でもあり、義父から「ありがとうね!」なんて言われているような気がしてならないです。
 
 
さて、現在、コミュニケーションツールがたくさんある世の中になり、簡単に連絡も取れます。しかし、お世話になっている方への、日本の昔ながらの慣習みたいものが、薄れてきて、逆にそれをわずらわしく感じてしまうこともありますよね。
お歳暮などもそうですが、年賀状はいい例かもしれませんね。僕なんか、毎年「年賀状めんどくさいなぁ~」と思って作っていますから・・・・。
 
 
ここで、僕の友達からの年賀を2つ紹介しますね。
一枚目はこれ、

nenga2

毎年、必ず、絵の手書き年賀をくれるのです。彼女曰く、年賀状が発売される、11月始め頃から、一枚一枚書き始めるらしいです。 
普段はダイナミックな彼女なんだけど、手紙などの手書きはとても丁寧なんです。

次はこれ、

nenga1

毎年、その年にあったことを、4コマまんがで書いてくれます。
彼女は、今、とっても人気のある女優さんの実のお姉様なんですよ。

僕も見習って、感謝を込めて、一枚一枚、丁寧にその人を思いながら書きたい、・・・・と思うんだけど・・・・、
ダメですね。
毎年、PCで絵を作って、全て印刷です。そして、なるべく、余白を少なくし、コメントも簡易的に済まそう考えます。
そして、僕の残念な年賀状は、 コレ 

nenga3
 
 
今年は、喪になってしまったので、年賀状はなしです。
(義父に申し訳ないですが、少し、ホッとしています)

あなたは、毎年、年賀状、どうしていますか?
 
 
それでは
-のしろ
0-53
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)