たかが、インターホンで悩み過ぎ!

2015/12/17

 

14年目、家電の故障相次ぐ

我が家も14年目になると、いろんなものが、壊れ始めてきました。

エコキュート、IH、インターホン、エアコン。

良いように思えば、現時点から数えると、丸13年間、交換なく、よく働いてくれたと思います。
この中で、一番の緊急性はエコキュート(給湯器)。 お湯がでないという状況では、生活に大きな支障をきたします。幸い、調子がよくないだけで、お湯は出るので、ユックリと構えた感じです。

さて、今日は、インターホンの故障から、あらためて「時間の大切さ」についてを考える機会が得られたので、それを、あなたにシェアしたいと思います。
 
 

インターホンで、時間の無駄使い!

我が家のインターホンが、人の顔が判別できないような状況になってしまったんです。玄関先のレンズを見ると、黄色く濁り、ひび割れたようになっています。
2015-12-16 11.41.31
ピンポンや通話は健在で、レンズだけがダメになってしまったようです。僕は、通話できるからいいやと、考えていたんですが、妻としては「誰が来たか確認できないのは、考えられない!」ということらしいです。
それで「わかりました」という感じで、交換しようということになったんです。
でも、僕としては、インターホンを交換する、優先順位としては、かなり後ろの方であり、また、インターホンぐらいなら自分で交換できるから・・と、考えて、なかなか、交換への行動をしなかったワケです。

するとある時、なかなか交換しない、僕の姿を見て、妻はイライラしてきたらしく、厳しい目つきで「いつになったら、交換するんだ!」って、・・・・・・・、

で、僕はココでようやく、インターホンのことを調べ始め・・・価格、仕様、工事等々。
我が家のインターホンは直結配線のため、有資格者でないと工事ができない、しかし、インターホンの配線接続くらいであれば、いいだろうと考えてワケです。
 
しかし、いろいろ情報を見ているうちに、物だけ買ってしまって、「もし、出来なかったどうしょうとか?」とか、普段偉そうなことを言っておきながら、電気工事士の資格がないのに、モラルとしてどうだろう? など、急にネガティブな状況が増していったんです。
 
インターホンで、いろんなサイトを見つけ、結構な時間を要したと思います。
また、仕事中、パソコンに向かっていると、ちょくちょく、インターホンを調べているんです。たかがインターホンひとつで、集中出来ない時間がかなりありました。
 

仕事に集中できない、3つの理由

なぜ、このような状況になったかというと、3つの理由があります。
・インターホンの商品調べ
・自分でもできるかも。
・安くすませよう。

この中で、一番の理由は、なるべく、お金を使わずに安くすませようという、ことです。
僕は、このために、仕事という生産性のあるものを、削ってまで、インターホンに時間を使ってしまったんです。

このような、僕の行動をあなたは、どう思いますか。
インターホンのことで1万円安くするより、仕事に集中し、生産性を上げた方が、断然、価値ある時間になります。

最終的に、近所のホームセンターに出かけて、「あっ、このぐらいで、やってくれるんだ!(価格)」ということに気づいて、このホームセンターでお願いしました。インターホン程度ですが、頼んだ瞬間から、自分の身が軽くなったような気がしました。
来てくれた工事の方も、丁寧に説明してくれて、とても、満足感が得られた、買い物ができました。

このとき、内覧会をご利用された、お客様のお話を思い出しました。

はな子さん
自分の専門外で、勉強して、時間をつかう。そして生半可の知識しか付かないようであれば、その時間を自分のことに使った方が、断然にいいです。
というようなお話を頂いたんです。

僕も同じ考えがあるので、とても共感できることです。
が・・・、しかし、お金の魔力でしょうか、また、今はインターネットで簡単に調べることができるので、どうしても優柔不断になってしまいます。
 

現実なお金と見えない時間の価値

どちらも、大切です。
この2つのバランス、意識せず、自然と自分の生き方に溶け込むようなれたら、いいなぁ・・・と思います。
 
 
あなたは、どうですか、僕のような経験はありませんか?
 
 

それでは、
-のしろ
0-75
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)