中古住宅売買における瑕疵責任は、問われるの?

2015年12月24日

  • もっと安くならないか、
  • 不具合があったら、責任は、

家を買うおうと思うと、こんなことを考えたりしないだろうか。
買う心理としては当然だと思う。
 
それでは、売る方の意識はどうだろうか。

  • なるべく高く売りたい
  • 不具合をいわれても困る

あなたの気持ちと相反しているかもしれない。
 
 
ココで、あなたに、ひとつ考えてもらたい。
 
「もし、あなたが、今、暮らしている、マンションを売りたいと思ったら」
ということを。

今日は、中古住宅契約、瑕疵について、あなたと一緒に考えてみたいと思う。
 
 

中古売買における瑕疵責任は、問われるの?

瑕疵担保責任というのは、家を売った側の、瑕疵責任についてを問う内容になり、宅建業法としては大切な事項です。
だから、不動産業者には、これが、必ず科せられるようになります。(隠れた瑕疵の2年間)

しかし、中古売買において、あなたと同じ、一般の人が、売る場合は、どうでしょう?

ココで、冒頭に戻りますが「あなたが、売主であったらとしたら・・・」と思ってください。

もし、隠れた瑕疵について、いつまでも売主に責があったとしたら、
どうでしょう?

怖くて、家を売れることができなくないですか?
「窓の建付けが悪かった。買う時に知らなかった・・・」
なんて、いつまでも、自分に責を求められたら、嫌ですよね。

7cf15baa47237af9519a4c792b905087_s

これを考えると、買い手側の思考のみで、瑕疵担保責任を求めることはできないですよね。
ゆえに、中古売買では「瑕疵担保責任免責」ということが一般的な契約になります。
 
今は、3ヶ月など、短い期間に限り、特定した箇所に限定し、売主の瑕疵責任として設定される契約も多くなりました。
 

もし、自分が売る立場であったなら・・?

中古売買は、買う時の思考だけではなく「もし自分が売る立場だったら・・・」と、あなたの立場を置き換えてみると、違った見方ができ、納得できる内容が増えるかもしれませんよ。
 
これは、不動産売買として、B to C 取引のことではありません。
でも、新築マションンや中古再販売などでも、売り手の意識を考えてみると、いろんな見方ができて、マンション購入がもっと面白くなるかもしれませんね。
 
 
それでは、
-のしろ
0-01
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)