バルコニーからの転落、我が子を守るために!

4月10日、大阪のタワーマンションで、子供の転落事故が起きた。
43階からの転落らしい。
階数の問題ではなく、マンションの子供の転落は多い。
一戸建てだって、2階、3階から落ちたら、大変である。
とにかく、小さな子どもがいる家庭では、注意や対策が不可欠である。

現代の子どもたちは、高さへの恐怖心が低くなっているらしい。
そして、以前、僕はこんな記事を書いたことがある。

【関連記事】芥川文学から何を学ぶ?

我が子を転落から守る!

手摺の高さ、法的基準

・バルコニー ⇒ 1メートル10センチ以上。
・窓の床の高さ ⇒ 特にない。
しかし、マンションでは角住戸の場合、手摺を付けたり、開口制限する。
bal02
空気を入れ換えする程度の開口ができれば、良いと思えば、開口制限がより安全度が高い。

転落原因の多くは、手摺前の物!

手摺の高さは法的基準、そして窓には手摺がある。
しかし、手摺前に物が置かれていれば、足かけとなり、手摺の高さは低くなる。
そして、足かけとなるものは、このようなものがある。
バルコニー手摺前に、室外機やプランター、
窓前は家具等が置かれている、
だから、まずは、ここに注意したい。
bal4
 

ハイサッシマンションはとくに注意。

10年位前だろうか、ハイサッシのマンションが多くあった。
ちなみに現在は、とても少なくなった(コスト削減が大きな理由であろう)

ハイサッシとは、

高さのある大きな窓を計画し、日照や開放感がより得られるようにしたもの。
その為には、構造フレーム(柱と梁)をバルコニーの先端に計画し、
更に、梁を天井から下げるのではなく、床から上に向けるように計画する。
いわゆる「逆梁」と、言われる計画だ。
ハイサッシにしたのに、梁が下がっているようでは、効果が半減する、だから、このようにする。
ハイサッシ
そして、注目はココ、
逆梁の高さも手摺の高さとして、数えられる。そして、梁には巾があり、容易に上がれる。

bal03

これでは、子どもが登らないよう注意するしかない。
そして、これを、OKとしている建築基準法にも問題があると言えるかもしれない。

じゃ、どうやって我が子を守る!?

転落の原因とは別に、要因として、「ちょっとした、隙に・・・」という例が多い。
そして、それを考えると、
容易に窓を開けられないように加工する。
これが、良いんじゃないかと、僕は思う。

で、こんなのがあった。
介護用として、徘徊防止への対策である。

key

転落への危険は、3才~10才位までの期間、おおよそ7年くらいだろう。
そんなに長い期間でもない。

お母さんやお父さんが家事等で夢中になっている時は、キーを施錠する習慣にする。
というより、常に鍵(キー)を閉め、必要な時に開けることでもいい。
 

我が子を守る、意識。転落だけではないけど・・・、
改めて、考えてみてはどうだろう。
 
 
それでは、
-のしろ
  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)