5月、6月 一枚、いちまいと、お金が出ていく・・、

先日、税務講習に参加してきたので、これをあなたにシェアしたい。

と言っても、たいした話しは、僕にはできないので、へぇ~と思ったこと、ひとつだけ話したいと思う。
まず、これを見てもらいたい。

002

平成28年度一般会計予算は約96.7兆円ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに充てられる費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体の7割超を占めています。一方、歳入のうち税収は約58兆円であり、一般会計予算における歳入のうち、税収でまかなわれているのは約6割弱であり、4割弱は将来世代の負担となる借金(公債金収入)に依存しています。

財務省から引用
  

一般会計歳入のトップは、所得税!

あなたや僕が働いて得た給与に対する税金が全体の18.6%もある。
そして、あなたや僕がものを買って、払う税金が、17.2%
合わせると35.8%!!
だから、働いて税金を払っている、ということは、義務かもしれないけど、偉いんだよ。

そして、歳出のトップは、社会保障関係費で33.1%
 

社会保障関係費とは、

国会で決められた予算により、歳出の内訳、つまり税金の使いみちが決まります。
国の歳出のうち、一番多く使われているのは、社会保障関係費です。
社会保障関係費とは、私たちが安心して生活していくために必要な「医療」、「年金」、「福祉」、「介護」、「生活保護」などの公的サービスのことをいいます。

ill04_02
国税局税の学習コーナーより引用
 
そして、消費税が10%になることで、来年度の歳入のトップが消費税になり、毎年発生する、4割弱の借金を少なくしていこうという計算だったらしい。
今のところ、延長される見通しだけどね。
 

払い損ではない、あなたの税金?

税金って、働ける時は、取られることばかり意識するけど、いずれは自分の生活に直結することなんですよね。




しかし、これは、みんながわかっているけど、なんか、取られてしまう意識がある。

36415cd09c63d8164109bfacfc2dd139_s

国税の他に、地方税、その他社会保険料も払うからね。
家や車があれば、毎年固定資産税や自動車税まで払う。

そして、社会保障を受ける前に、死んでしまえば、払い損?
こんなことを思ってしまうかもしれない。

税金や社会保険料は、今のあなたの為にあるのではありません!
日本の社会をよりよくする為のものです。
将来のあたなのために、これからの子どもたちの明るい未来のために!

こんな、純な気持ちをもった大人、そういうものにわたしはなりたい。
(宮沢賢治・雨にも負けず風)




5月、6月は、なぜ税金の支払いが多いの!
 
 
 
それでは、
-のしろ
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)