家と家相と病の関係とは、

2016年11月17日
From野城
オフィスより

さて、今日は、家と病の関係を、あなたにシェアしたいと思う。
 

家は、家相を気にするべきなのか?

僕は、今の仕事を始めてから「家相を気にしているだろう?」と、思われる人は、かなり少数ではないかと感じている。
その理由は、分譲住宅がメインであるから。分譲の場合、気にしようにも、気にできないよね。

でも、注文住宅の戸建に関わっている時は、結構多く、家相の話しが出てきた。
・階段が家の中央はダメ、
・水廻り、キッチンは、この方角ではダメ、
・お風呂はいいけど、トイレがこの位置では、絶対ダメ。
その頃は、家相表(東西南北の丸い表に、部屋の配置の善し悪しが書かれている)は、必須アイテムでした。

では、家は、家相を気にするべきなのか?
あなたは、どうだろう?

当たり前なんだけど、僕が思うに、「気にする人は、気にするべき」「気にしない人は、とことん気にしない方がいい」と考えている。

これには、こんな理由がある。仮に、気にする人を例にしたいと思う。
「ちょっと、ここが、気になるけど、まぁいいか!」として、進めたとするよね。
で、もし、万が一、何かがあったら・・・
例えば、「家族の誰かが、体の具合が悪くなった」としたら・・・・・、

この人は、どう思うだろうか?

たぶん、「あ、やっぱり、ここの位置が悪いかったんだ!」って、思うんじゃないかなぁ?
そして、ずうっと、悪い場所のことを気にしていくようになるよね。
だから、気にする人は、気にするべきだと思うよ。無理に妥協しない方がいい。
 

家を買うと、体調を崩しやすい?

でも、入居して間もない頃に「具合が悪くなる」というケースは、少なからずあるんだ。
これからの話し、家を購入した人は、共感してもらえると思うよ。





家を買うって、ものすごく、疲れることなんだ。精神的、体力的にも、結構大変なんだよね。引っ越しまでは、気が張っていて、頑張れてしまう。でも、その後、ホッとした時に、体調を崩してしまう。




特に、この寒い季節、いろいろ、家の行事が予定されている人は、体に気をつけて進めてほしいと思う。
 
 
 
それでは、
-のしろ
 
PS
そうでない人も、体調を崩しやすい季節だから、十分に気をつけて!
 
 0-03
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)