失敗した、、、と思わないための、家の過ごし方

ずぅっと、居たくなるような家

「家を買う」これは一つの目的。しかし、それと併せて「ずうっと、居たくなるような」こんな家にしてもらいたいと思っている。
あなたにとって、こんな感情をもてる家となれば「家を買って失敗」と思うことは、まずないと思うよ。

 

あなたにとって、居心地の良さとは!?

あなたにとって、居心地の良い場所とは、どんなところ。
緑が多いところ、海、カフェ、、、、こんな漠然ではなくて、もっと、掘り下げて思い出してほしい。
例えば、カフェであれば、ナチュラルな木のテーブル、目線の先には樹木が見える。そして、ゆったりとした椅子に深く座って、うるさくないほどほどの音量で聞こえてくる、ボサノバのBGMが心地よい。
こんなかっこいいイメージでもいい。
 
しかし、もっと現実的にイメージすると、こんな感じもある。
私のプラベート空間。自分専用の机、その机を前に座ると、常に私の手の届くところにモノがおかれている。積み重ねたファイルも、これはこれで心地よい。自分だけのモノに囲まれること、これが私には、居心地のいい空間である。

 
これには、決まった形はなく、自分が好きな、居心地のよいと思えることをイメージしてほしい。きっと、あなたにもあると思うよ。
自分の居心地の良さ、これに理由などなくていいし、説明する必要もない。
ゴミ屋敷は、どうかと思うけど、多少、散らかっている部屋が、居心地が良ければ、それもいい。
 
こんなことをイメージしていれば、あなたの家も「ずうっと、居たくなるような」空間になる。そして、「この家、買って失敗」なんて思うこともないじゃないかなぁ。
 
 
それでは、
-のしろ
 
PS
僕の机の上は、いつもスゴいことになっている、ファイルが積み重なり、参考にした本を元に戻さず、どんどんと山となっている。綺麗に整頓した時は、リフレッシュし居心地も良いが、雑然とした何でも手に届く状態も、意外と居心地が良い。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)