台風、避難勧告。でも、やはり、、、

201710月23日

我が家は、川側にある。
そのため、大雨になると、気が気でない。
今朝、4時半頃に目が覚め、ヤフーを見たら、避難準備警告が出て、ビックリ!
たまらず、川を視察。こんな安易な行動が、バカなことだとわかってはいるが、やはり自分の目で確かめたくなる。
 
そして、2年前にも同じような記事を書いたことを思い出した。
2年前の大雨
これは、2年前の大雨で水位が上昇した時の写真。

そして、これが今回の川水の上昇

 
2つの写真、あまり変わらないように見えるかもしれないが、大きな違いがある。
それは、2年前の大雨を機にスグに堤防の高さを2メートルかさ上げをした。この時の行政の動きはホント速かった。だから、この時の雨がかなりやばかったことがうかがえる。
だから、今回の写真、2年前と同じように見えても、水位がかなりあがっている。
行政の早い対応が、今回の台風で功を奏した。「もし、かさ上げしていなかったら、、、」と思うとなんか怖い。

避難勧告!

そして、ついに6時頃、避難勧告がでた。
しかし、周辺住民、誰ひとり、避難している様子がなかった。勧告時には、雨がやんでいたこともあり、多少の不安はあったけど、動くことが無かったんだと思う。もちろん僕も同じ。
怖いと思いながらも、しかし、現実に洪水になるとは思えない気持ちがあり、「そんなことは起きないだろう」みたいな感じがある。
子どもの頃から、住んでいる場所だけど、危険水域に達した記憶がない。しかし、ココ数年、たくさんの雨が、長く続くことも多いから、昔のイメージからくる気楽さのような意識を変えないといけないですね。



しかし、川側も良いところもたくさんある。
夏場は土手から花火が見えるし、涼しいし、水辺の情緒を感じる時もある。そして、散歩、ジョギングにもいい。釣りはしないけど、釣りもできる。
長く暮らしていると、危機感よりも良いところが上にくる。
まぁ、ココに暮らすとは、そんなもんだろう!

あなたの暮らしの場はどうだろう?
 
 
それでは、
-のしろ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)