『記念樹』27年目で役目終える

記念樹、役目終える

『記念樹』娘の誕生記念、役目終える!

娘が生まれた年に行政から記念樹(ハナミズキ)を頂いた。
その記念樹が27年目で役目を終えた。

2度の移植で枯れてしまった記念樹。

1993年:娘誕生・記念樹(ハナミズキ)を実家に植える。
2002年:新居を計画・1回目の移植
4メートルほどに成長し、長年たくさんの花を咲かせてくれた。

記念樹役目終える
たくさんの花を咲かせてくれたハナミズキ

2014年:区画整理により土地区画変更のため2回目の移植
新しい場所、2回目の移植に根付かず、徐々に葉の数が減り、2018年頃から葉もつくことがなくなった。

記念樹、役目終える
2回目の移植で枯れてしまったハナミズキ

枯れた記念樹、しばらく放置。そのワケとは、

娘の誕生・記念樹、思い出もあり、枯れた木であってもなかなか伐採することができなかった。
記念となるものは良い面も多いが、簡単に処分できない、煩わしさもある。
しかし、枯れてしまった木を、いつまでも放置をしていも逆に良くないと思い、区切りをつけ伐採することにした。

伐採!!

樹木の周りをお酒で清め『長い間ご苦労様、娘の成長を見守ってくれてありがとう』という感謝の気持ち込めて伐採。

記念樹、役目終える
伐採

枝をすべて落とし伐採、残りは幹のみ。
寂しさもあるが、スッキリした。

   

ー追伸ー
僕が子どもの頃、柑橘系の木をもらい植えたことがあった。この時もしっかり育ち2月頃に大きめの柑橘の実をたくさんつけてくれたことがあった。この木は我が家を計画の際に伐採してしまった。柑橘系の木は蝶蝶が卵を産み幼虫がつく。子どもの頃幼虫を観察をしていたことを思い出す。今は虫の幼虫なんぞ、いやだね。

   

それでは
ーのしろ

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)