これからは疑いの目を持って、内覧会を迎えよう?

こんな事件(杭偽装事件)があると、
住まいの調査団の文章も変えないといけなくなるよ。

内覧会のページには、このような内容で書いている。
「一生懸命に造っている。でも工期があり時間との戦い。
だから、内覧会で、きちんとチェックをしよう。」
これは、僕の率直な気持ち。
(これを裏返すと、工期と時間の関係は施工程度に影響するということなんだけどね。)

でも、これもこう変えないといけないかなぁ。
「時間という制約のなか、いい加減な仕事になっている。
だから、だから、信用してはいけない。内覧会を迎えるための、不動産・施工者の事前チェックは節穴!」
まぁ、これは、冗談だけどね。
でも、これは、僕にもあるし、あなたにもあると思う。時間に追われると、動きや思考が粗くなってしまうこと。
これがあり、住まいの調査団の内覧会や内見などの同行サポートでは、スタッフ1日一組のサポートにしている。時間を気にしてくると、仕事が粗くなるからね。
 

でも、これからは、客観的に観るということにプラスして、疑いの目をもって、検査をしないといけないかもしれない。
ちょっと、寂しいことだけど、これも必要なことかもね。

このような事件があると、僕の仕事の姿勢を、改めて考える機会になる。
そして、自分自信に言い聞かせることは、これしかないかな。
「常に、何事も真剣に取り組むこと。」
 
 
それでは、
ーのしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)