内覧会を迎える前に必要なこととは!?

内覧会を迎える心境とは、

内覧会の日程が決まると、不動産会社から、あなた宛てに、封書が届きます。「内覧会開催のお知らせ」
ここで、ようやく、内覧会について「どうしようか」と考える方も多いと思います。

さて、2015年10月にご利用頂いた、板橋区T様からの声を、ご紹介しますので、まず、お読みください。

マンションのモデルルームで働く知人より、最近は内覧会に業者を伴うお客様が減ってきたということを聞き、当初は家族のみで内覧会に行くつもりでした。ところが内覧会が近づくにつれ、何を見、何をチェックしたらよいのか全くわからず、ネットで調べてみたものの、結論は自分たちではチェックしきれない、ということだけが鮮明になり、不安が増すばかりでした。
そんな中でたまたま“住まいの調査団”の口コミに行き当たり、早速お願いした次第です。
お願いして正解でした!
軽微ではあるものの、素人の私達では気づかない点をいくつも指摘していただき、かつチェックポイントの一つ一つに丁寧な説明があり非常に納得感がありました。建築業者の担当者とも穏やかにお互いを尊重し合った最終チェックができましたし、何より「丁寧な施工ですから安心して入居できますよ」とお墨付きをいただき大変心強かったです。漠然とした不安が一気に払拭されました。
他の業者さんに比べ、料金もリーズナブルですし、報告書も非常に丁寧で、また間取りの良い点などのコメントもあり、入居日を安心して楽しみに迎えられそうで本当に感謝しております。友人にもぜひ紹介したいです。

どうでしょう?
あの、勘違いしないでくださいね。僕はこの声を頂いたことを、あなたに自慢したいんじゃ、ありませんよ(笑)

こちらのT様からの声は、僕が、改めて、お客様の気持ちを学ぶことができたアンケートの一つとして紹介させていただきました。
お客様の心の状況(動き)をとても上手に表現してくださっていて、内覧会を迎えるT様のお気持ちが、手にとるようにわかります。

内覧会が近づくにつれ、不安に!

T様と同じようなお気持ちの方、多いんじゃないでしょうか。
035
最初は、自分でやろうか、と考え、内覧会が近づくにつれ、現実的になり、いろんな情報を取得する。しかし、本当にできるだろうか、という迷いと心配。そして、忙しい毎日ですので、内覧会のことばかりを考えているワケにはいかないですよね。

内覧会を迎えることにより、あなたの心が、モヤモヤして、集中力を損なうようではいけないし、毎日、優先すべきことに、集中できる環境を維持することが、大切ではないでしょうか。
このような状況が、最終的に、T様のお言葉のように「入居日を安心して楽しみに迎えられそうです」に繋がると僕は信じています。

長々と失礼しました。
僕の内覧会への気持ちを、ご理解して頂いた上で、このようなコメントを頂戴したので、とても嬉しくなり、この場でお話させてもらい ました。

内覧会のページでは、僕の気持ちを、あなたに向けて、一生懸命に書かせていただきましたので、ぜひ、読んでみてください。というか、あなたと野城が対話しているつもりで、気楽に読んでもらうといいと思います。

内覧会同行ページ

それでは、
-のしろ
0-53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)