内覧会、雰囲気悪くして、どうするの?

2015/12/25

さて、先日、内覧会にて、施工者と少しお話をする機会がありましたので、これを、あなたに紹介したいと思います。
 

内覧会、プロの立会いは、施工者も不安!

みんなが、不安なのかもしれない!

内覧会でプロに頼む理由として、

  • 見落としがないか、
  • 高い買い物なので、
  • 素人なので不安、

このような理由があげられる。
また、僕たちへの不安もあると思う

  • 話しやすい人なんだろうか
  • いい加減な仕事をしないだろうか
  • 場の雰囲気が悪くならないだろうか

このような不安があるかもしれない。

逆に、僕たちの不安要素。
「どんな、お客様だろう」
何となく、メール等のやりとりでわかるので、大きな不安はないですが、でも、初めて会う人なので、あなたが僕のことをどのように思うかと、同じように、多少なりあります。

最後に、マンション側としては、どうだろうか。
内覧会では、主に、施工者がお客様の対応にあたるが、その施工者は、僕のような第三者を来ることをどう感じているのでしょうか。

やっぱり、不安はあるようです。

  • 強い口調(高圧的)でないか
  • 理不尽なことをいわれないか
  • 建築を知っている人なのか

それは、当然ですよね。立場は違っても、同じ人間ですからね。
 
 

内覧会、プロを頼む、目的は何?

施工者が言うには、僕の立場と同じ人で、このような人がいるらしいです。

  • 一方的に指摘箇所だけを話して、帰る
  • 指摘にこだわり、数をたくさんあげようとする
  • 自分の立場を誇張する

上記2つは「ココが悪い、悪い、悪い・・・」という連発し、指摘が終わるとスグ帰るらしいです。
これは、施工者、曰く、終わった後、お客様がとても心配になってしまっているらしいのです。
  
そして、最後は、自分の立場を守るというか、誇張する、俺の言うことは絶対みたいな、感じだと思います。
  
僕もこの気持ちはよくわかります。
この仕事を始めた頃は、正直、僕もこのような気持ちがあったと思います。
自分の姿を強く見せて、自分が言うことは、何もかも正しいみたいな、感じだと思います。
そして、更に、施工者に強い口調で言うことで、お客様にアピールするような感じです。
施工者の顔色を窺いながら、仕事をするということでは、決してありませんが、こんな、感じでは、お客様も施工者も気分が悪くなりますよね。

021
 
雰囲気悪くなるような場を作ってどうする? って感じですね。
 
指摘数にこだわることは、最初から考えたことはありませんでしたが、でも、その気持ちも、わかります。
この仕事の評価は、「指摘数=満足度」とみたいなところがあるかもしれないからです。
しかし、施工者が言うように、プロに依頼して、結果、不安になるようでは本末転倒です。
 
誰のために、何の目的でやっているのか。
同業として、真摯に考えてもらいたい、ところです。
 
この仕事は、内覧会で滞りなくチェックすることで、サポートとしては満たされているのかもれませませんが、「お客様に、どのようにお話をしたらいいのか」これは、非常に大きなポイントになると、考えています。
 

 
 
それでは、
-のしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)