マンション内覧会、立会いの施工者はどんな人!?

立会いの施工者はどんな人?

先日、お客様からの質問の、話をしましたが、これについて「あっ、これね」というものがあったので、今日は、「マンション内覧会、立会いの施工者はどんな人!?」として、あなたにシャアしたい

さぁ、内覧会、当日に立ち会う施工者は、どんな人だろう。まぁ、内覧会前に人物像までイメージすることは少ないと思う。しかし、内覧会の受付が終わり、担当の施工者が紹介されてからは、その人の容姿から、きっと、イメージすることになると思うよ。

  • 人当たりがよさそう
  • こわそう
  • えっ、この人、施工者の人?
  • ずいぶん、年配だなぁ

といった具合に。

、で・・・
今日は、人柄に対しての、接し方講座でなく・・・

この人たち何もん?

先ほどの、イメージ像について戻ってほしい。特に最後の2つ

  • えっ、この人、施工者の人?
  • ずいぶん、年配だなぁ

これ↑

施工者さんは社員の人?

内覧会で、対応してくれる施工担当者の中には、イベント用の派遣スタッフが多く存在します。昔は、これを採用していたのは、郊外型の大型マンションを得意とする施工者のみであったんだけど、現在では、外部スタッフが、けっこう多くなりました。大きなマンションでは、ほとんどそうです。

しかし、ここでは、この是非について、僕はどうこう言うことはありません。
いろんな業界でも、大きなイベントがあれば、そのための臨時雇用があるし、施工会社の社員を、総動員させるよりも、企業側としては合理的なんだと思うしね。

マンション完成チェック要員の求人広告。

そして、お客様の僕たちへ懸念は、だぶん、これ↓だと思う。
2016-01-06 14.55.49
内覧会接客スタッフだけでなく、完了時のチェックも含んでいる。ようは供給者側の完了(仕上げ)検査も社員の代用として、チェックするわけだ。

僕は、この点についても、特に是非はない。先ほどの理由と同じ。

しかし、お客様が言いたいのは、こんなことだと思う。
この仕事をしている人が、その他に、第三者として契約者側に立って仕事をしている人がいるんじゃないかということだね。

例えば、

A不動産、A建設、Aインスペクター、S契約者(A不動産・B建設のSマンションを契約)がいたとしよう。そして、Aインスペクターは、第三者として契約者側の同行サポートをしているが、A建設の完了検査の仕事もしている。
S契約者はAインスペクターに内覧会同行を考えていたが、ある時、AインスペクターはA建設と関係があることが判明した。しかし、Sマンションの完了検査のチェックはしてない。

>あなたならどうしますか?

先日の質問の中に「立ち位置は?」という質問があったが、多分、このような不安ではないかと思う。
上記のケースの場合、A建設が建てたマンションであれば、完全にOUTであるが、SマンションはB建設となる。しかし、A不動産に多少なり関わっていることに懸念がある。

前に、お客様から僕も似たようなことを言われたことがある。
不動産会社の人が上記のようなことをお客様に言ったようで、それが心配になり、僕に問いただすように、聞いてきた方がいらっしゃった。
 
言葉が適切ではないかもしれないけど、僕には、時間的にそんな余裕はないかぁ。
話を戻すけど、イベントスタッフの場合、年配の方が、施工者役として立ち会うケースが多い。この場合、現役を引退したあとの仕事としてやっていて、掛け持ちはしてないと思うよ。
 
内覧会はひとつのイベントにすぎない。でも、契約者側としては、とても大切であり、期待感の高いイベントのひとつ。
マンションは、直接の供給者と話す機会がほとんどないので、内覧会ぐらいは話す場があってもいいのかなぁと思う。・・・しかし、供給者側の人手を考えると仕方ないかもしれないね。
 
もし、内覧会で「大事なことを聞きたい」ということががあれば、「所長の話を聞きたい」なんて、言ってみるといいかもよ。渋々、奥の方から出て来てくれるかもしれません。
 

それでは
ーのしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)