内覧会、「汚れ」あなどるなかれ!

2016年11月15日
From野城 オフィスより

汚れは軽微なのか?

僕たちの視点からすると、汚れの是正は、もっとも軽微なものと考えがちである。
なぜならば、汚れは、クリーニングすることで解決するからだ。

が、しかし、先日、驚くべき汚れがあった。

表から、裏から、ゴシゴシ拭いて、擦って、そして、少し爪を立てても全くびくともしない。




どんな汚れだか、わかりますか?

それは、窓ガラス!
ガラスの表面の汚れであれば、普通、タオルで拭くことで、簡単に落ちると、イメージすると思う。でも、この汚れは、ペアガラスの中(中間層内)、ガラスの内側に付着したものであった。
これでは、どんなに、拭いても落ちるワケないよね。
 
madojpg
 
この汚れ、お客様が気づいてくれたのです。
もし、このまま、気づかず、1年、2年、有るとき、ふっと汚れに気づいたとしたらどうだろう?
落ちない汚れだと思うと、きっと、気になって仕方ないよね。

壁に付着した汚れ、落ちない場合は、クロスを貼り替えるけど、、、、
窓ガラスの交換は、もっと、大きな、大きな是正項目になる。

どんな時も、軽微である、という意識を捨てないといけない。
僕は、あらためて勉強になった、内覧会であった。

ガラスの汚れ、しっかりチェックしておこう!
 
「汚れ」あなどるなかれ! 
 
 
それでは、
-のしろ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)