内覧会、これって普通なの?

2015年6月11日
さいたまサンマルクカフェより

内覧会で「直面する」と思うことを今日はあなたにシャアしたいと思う。

今日はこれ!
「これって言っていいの、普通?」
「んっ!」って、気になることが内覧会で必ずあると思う。
 
例えば、壁や天井のクロスの状況。
なんか線が目立つ、膨らみがある・・・・。
「ん~ 気になる。でも・・・今の家もこんな感じになっているし。」
これって、普通なの!!

040

いわゆる、判断基準というところ。ココが、悩ましい。
話をして「普通です。人の手なので」と言われてしまえば、これ以上何とも言えない。

さぁ~て。どうする?
じゃぁ、何にも言わず、スルーする?

もちろん、人の手の程度や、もしかしたら、今直さない方が良い場合もあるかもしれない。
でも、でも・・・・気になったら、まずは話をしてみる。スルーはダメ!

「あっ、ちょっとジョイントが目立ちますね。補修しておきます!」
こんなドラマチックな展開、
こんな言葉をもらえる、・・・・と嬉しいもんですよ。
こんな体験ができるのもあなたがスルーをしなかったからです。

どんなふうに展開するかは、その場の状況次第ですが・・・・。
「普通です。人の手なので」こんな結果を恐れずに、まずは話してみよう。
モヤモヤした内覧会で終わらないために・・・・です。

そうそう「話し方」というのもあるが、これは、次の機会に。

では、
ーのしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)