DRM制付きファイルとはなにか

  • 2023-01-09
  • FAQ
  • 41view
FAQ faq

無修正サイトを調べてるときに、「DRM付きファイル」という言葉に出くわすことがあるかと思います。

もりくは「DRM制限あり」「DRM制限なし」と言った表現で書かれてる場合もあります。

この記事では、DRM付きファイルについて解説します。

そもそもDRM付きファイルとは

DRMとは「Digital Rights Managements」の略称です。

それぞれの単語の頭文字をまとめてDRMと表現してします。

また、Digital Rights Managementsは日本語にするとデジタル著作権管理となり、インターネット情報で配布されている動画ファイルの著作権を守るための仕組みを意味します。

では、DRM付きファイルだとどのようなことが起きるのでしょうか。

DRM付きファイルを利用すると何が起きるのか?

DRMの制限がついたファイルには、以下のような特徴があります。

  • ダウンロードしたアダルト動画を見るときに、IDやパスワードが求められる
  • アダルト動画をダウンロードした後、一定の期間が経過すると動画が見られなくなる。(※再び認証するとみることができるようになります)
  • ダンロードした端末以外では、動画を見ることができない
  • サイトを退会すると動画を見ることができなくなる。

ご覧のようにDRMの制限付きファイルは、いろいろと制限が多いです。

無修正アダルトサイトはDRMの制限付きなのか

当サイトで紹介している海外発信の無修正アダルトサイトは、DRM付きファイルはありません。

逆に、FANZA(DMM.R18)やDUGAなどの日本国内の会社が運用しているサイトにはほとんどの動画ファイルにはDRMの制限がかかっています。

カリビアンコムなどの無修正サイトからダウンロードしたファイルには、DRMの制限がかかっていないので、一度ダウンロードすると半永久的に動画をみることができます。

おまけ。DRM付きファイルは使いにくい?

管理人は無修正サイト以外にもFANZAなども利用しており、DRM付きファイルを使った感想です

結論としては、IDやパスワードの管理が少し面倒なものの、退会しない限りはそこまで不便を感じないです。

最初は、戸惑うこともありますが慣れてしまえば特に苦を感じることはありませんでした。

また、退会してしまうと動画自体が見れなくなってしまうので、そこだけは注意しておきましょう。

ちなみにDRM付きファイルを、無理やりコピーする方法もなくはないですが違法行為なのでやめておいたほうがいいでしょう。

国内のアダルト動画をコレクションしたい場合は、DVDやブルーレイで購入することをおすすめします。

NULL