【戸建てを買う】建築条件付き土地

戸建て購入=土地 一戸建て購入

建築条件付きとは、

土地を契約する条件として、施工店があらかじめ決められていること。
これが条件付き土地の契約になる。

なぜ、建築条件付き土地!?

条件付き土地として販売、次のようなケースがある。

  • 早く契約を結びたい(分譲住宅としての販売であるが)
  • 土地からあまり利益は出せない。建物契約は(工事請負契約)必須とする。

土地は路線価や公示地価などからある程度の評価額がわかる。だから土地相場も含めて大きな利益を載せられない。それゆえ建物契約も一緒にしてもらいたい。このような目的がある。

【建築条件付き土地】メリット・デメリット

【メリット】

  • 土地、建物の契約は分かれるが予算の把握がしやすい。
  • ローン開始は建物引き渡しと一緒とするケースが多い。
  • 多少の間取り変更や内装、設備などが選べる。
  • フリープランの場合もある。
  • 家が完成するまでの工程が見れる。

   

【デメリット】

  • 施工店が選べない。
  • 工事請負契約までの期間(一定期間内)が定められる。
  • プランニングや予算の折り合いができなければ時間の無駄。
  • 建築条件付きの解除が可能であり要望をした場合、多額の費用が発生する。

しかし、施工店(ハウスメーカー等)を選定するのが面倒と感じる人はデメリットと考えることもないだろう。

いろいろと考え方や感じ方があるだろうが、「建築条件付き」という戸建て住宅の買い方があることを覚えてもらうことだけでよいと思う。