【戸建てを買う】えっ、室外機が置けない。境界線からの建物距離

戸建て購入)敷地境界線からの建物距離 一戸建て購入

都心部の分譲戸建て住宅。ぎしっりと密集した場所にキリキリいっぱいに家を建てる。かつ建物高さ制限のある中、3階建てを計画するんだからすごい。住宅展示場にモデルハウスを構えているような住宅メーカーでは計画できない、施工できない技であると思う。Great!!
都心部の分譲戸建て、隣地境界線からの距離について、あなたと一緒に考えてみたい。

境界線からの建物距離、何㎝?

以下は固い言葉が268文字並ぶが、ちょっと我慢して観てほしい。

民法第234条第1項
「建物を築造するには、境界線から 50 ㎝以上の距離を保たなければならない。」
民法第234条第2項
「前項の規定に違反して建築しようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から1年経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。」
(但し、民法第 236 条:地域性として隣接した距離に関する慣習がある場合は、慣習が優先して適用される)

民法は建築基準法等の「公法」とは違い「私法」、そのため隣接する方の了解が得られれば 50 ㎝以下とすることができる。

「えっ、50㎝以内知らなかった。」ではダメ!

隣地境界線からの外壁距離50㎝未満。都市型の狭小分譲住宅では一般的な計画になる。
そして、「50㎝以内はお互いの了承」が前提の元で販売され、且つ契約時の重要項目(不動産売買重要事項説明書)として不動会社から説明を受けることになる。

しかし、「説明がないのか、忘れてしまったのか」定かではないが契約者が「境界線からの建物距離50㎝未満」について「知らない」ケースが意外と多い。

50㎝以内、何が問題になるのか?

境界線からの建物距離が狭いことによる物理的なデメリット(賠償責任問題は別として)

  • 住宅設備機器(エアコン室外機等)が置けない。
  • 外壁メンテナンスができない。
戸建て購入)敷地境界線からの建物離れ距離

エアコン室外機は引き渡し時から即問題になる。
「室外機が隣地にはみ出して置けません!」
意気揚々と入居準備をしている中、こんなことを言われたら、愕然とするよね。
また、外壁が汚くなってきたから塗り替えよう、、、、と計画している。しかし「足場のスペース」がなくて出来ないと言われた。これでは困るでしょ。

それゆえ、境界線との距離が狭い場合「敷地の共有、及び使用する場合があること」を条件とした販売をしないといけない。更に新築時に買った人が売ることもある。この場合も考慮し条件が継承される旨を示す必要がある。

境界線と建物距離の説明がなかったら、

不動産会社では「境界線からの建物距離」は当たり前のこと。だから定型文として契約関係書類に記載してあることが多い。しかしその条件の記載がないケースもある。

買い手側としては当たり前でないこと。しかし、不動産業界では当たり前であるがゆえに怠ることもある。

あなたが都市型の3階建て狭小地住宅を買う予定にしているのであれば、ぜひ気にしてほしい、そしてもし説明のない契約であれば、追記や覚書の交付を求めた方が良いだろう。

引き渡し後のトラブルを少なくするために。