【一戸建てに住まう】TVと窓の関係を考える

【一戸建てに住まう】TVと窓の関係を考える 一戸建てに住まう

「TVを視聴する時間も少なくなった」という人も多いだろう。実際僕もTV視聴は少ない。しかし、新居において「TVの置場」は必ず検討するひとつであると思う。『TVと窓の関係を考える』これをあなたと一緒に考えてみたい。

TVと窓の関係

窓の多い家がいい

明るい部屋・家がいい。これは新居を選ぶ・造る際、大きなポイントになる。
『窓の多い家』開放的で健康的なイメージになるので要望として普通の感情になる。
パンダ舎のように床から天井まで窓ばかりの家もある。
余談になるが動物の気持ちになると、動物園の動物もいつも視線を感じてストレスなのかもしれない。

TV画面はどの向きがいいのか。

リビングの多くはTVコンセントの位置によって家具の配置が必然的に決まり、リビングの形状によってもTVの位置が必然的に固定される。TVを観る頻度は家庭によって様々であるが、リビングはTVを基準に配置が決定されることが多いと思う。
また、配置に合わせて、よりよいTVの見え方にも考慮すると良いだろう。

我が家のリビング

我が家は2階リビングになる。南面が長手の長方形。窓は南面、東面、西面にある。リビングの3面に窓がある。2階リビングということもあり朝から夕方まで明るい。これは良かった。
このような形状の部屋になると必然的にリビングの短辺側にTVを配置する。
我が家では西面を背に配置することになった。

窓に対面したTVは観ずらい!?

僕は朝にTVを観ることが多い。するとTVの適切な位置に気付く。
「窓に対面する、TVは不向きである」と。

  • 窓の光・窓が画面に映り込み観ずらい
  • カーテンを閉めても暗い映像は観づらい。

TVは壁に対面する場所が適している。

『我が家では日中にTVを観ない』
このような家庭もあると思うがTVは壁に対面した位置がよさそうだ。
前述のようにTVの位置はTVコンセントや部屋の形状によって必然的に決まってしまう。
がしかし、、、

「壁に対面してTVを置けるリビング」

些細な理想ではあるが家を選ぶ際、気にしてみると良いと思う。