【一戸建てに住まう】新居のワクワク感を残す。

【一戸建てに住まう】新居のワクワク感を残す。 一戸建てに住まう

 
戸建て住宅は自分らしい家をつくりやすい。それが戸建てという住まいの魅力のひとつ。『新居記念、外構に』あなたにシェアしたい。

新居の感動を残すためのひとつの方法

新居を構える、これはワクワクと楽しいイベントである。住まう家はもちろんであるが、新しい暮らしの準備、カーテン・家具・家電・・・・「この柄が可愛い、この形がいい、これがあると便利、、、、、」様々なイメージを膨らませることが楽しい。
そして、もう一つ加えてみてはどうだろうか。
ビルの入り口付近に定礎石があるのを観たことがあると思う。

【一戸建てに住まう】新居のワクワク感を残す。

これも竣工記念の一つと言える。
住宅では定礎石を設置する人はいないが新居の記念になるもの、自分らしいものを加えてみても面白い。

我が家のケース

我が家では新築時、カーポートのコンクリートに記念として下記を刻んだ。

【一戸建てに住まう】新居のワクワク感を残す。
【一戸建てに住まう】新居のワクワク感を残す。

家族の手形、子どもの絵、思い出のビー玉をコンクリートに入れてみた。

注文住宅では外構業者と相談することで簡単にできる。
分譲住宅では全てが完成していることが多く難しいが、完成前に契約した場合、可能なケースもある。
(しかし、不動産会社によっては引き渡しまでは自由にさせてくれないことも多い。それは契約上仕方ない)

これはカーポートコンクリートへの記念を刻む例であるが、他にも方法はある。
例えば、記念プレートを作成し後付けで打ち込むこともできる。

新居を構える時のワクワク感を家に刻む。
新居の記念として、このようなことも加えても面白いと思う。