【マンションに住まう】ドンッ、、バタンッ!! 「イライラするぅ~ マンション隣戸からの音」

マンションライフ床の音|住まいの調査団・アスナロデザイン マンションライフ

「わたしのおうち(マンション版)」では、何回か『音』の話題を取り上げている。
共同に暮らすマンションでの『音』は永遠のテーマであろう。
そして、今後も話題にするであろう『音』
今回は「イライラするぅ~ マンション隣戸からの音」個体伝搬音をあなたと一緒に考えてみようと思う。

マンションの固体伝搬音って何?

「個体伝搬音」という難しく感じるかもしれないが、物の干渉、ぶつかる音、この音が物から物へ伝わり、その場の音だけで終わらず、遠くまで聞こえる音のことを言う。
  
日常生活の個体伝搬音
・ドアや引戸を閉める時にぶつかる音
・窓の開閉時の音
・床のドタバタ音
・バルコニーの物干し金物を上下に動かす音
等々

例えばこのように伝搬する。
引戸のケース。

マンションライフ隣戸への音の影響|住まいの調査団・アスナロデザイン

いつもの暮らしの音、一度意識みよう!

ふつ~うの暮らしの音が、隣戸では気になってしまうことが稀にある。
これがマンションライフの注意すべきところ。

極端に神経質になる必要はないけど、意識する必要はある。
それでは、どう意識すればいいのか?
あなたも一緒に考えてほしい。






どうだろうか?
僕はこう考えている。
「住まいを優しく扱ってあげる。」
これが音にも、住まいにとってもいいんじゃないかな?
日常生活での何気ない住まいの扱いを、一度意識してみてはどうだろう。

住まいに優しく

「バタンッ!!」と、親の仇のようにドアを強く閉める人がいるが、これは論外。
優しく扱ってあげる気持ちを持つことが大切。
徐々に慣れて、それが自然の行動になると思う。
だからその反面に、住まいを雑に扱えばそれが自然の行動になる。
これを読んでくれているあなたは、ぜひ住まいを優しく扱ってほしい。
そして、そのあなたの優しさが、きっと隣人にも伝わると思うよ。

  

ー追伸ー
2021年、大手不動会社分譲のタワーマンションの施工不良が相次いでいる。
この施工不良には床遮音のクオリティの問題があった。
床遮音のトラブルとは、
二重床の防振ゴムがない部分があったようです。
防振ゴムがないことで、床の音が個体伝搬しトラブルの原因となったようだ。
【マンションに住まう】ドンッ、、バタンッ!! 「イライラするぅ~ マンション隣戸からの音」|住まいの調査団
それゆえに、マンションライフの音について書きたくなったのです。