【マンションライフ】玄関ドア・窓は誰れのもの?

マンションライフ)玄関ドアと窓は誰のもの マンションライフ

共有部分と専有部分、マンションはこの2つに分けられる。エントランスや共用廊下、エレベーター等は自分だけの持ち分でないことがスグにわかる。しかし、これは自分の所有なのか、そうでないのか分かりにくい箇所もある。『玄関ドア・窓は誰れのもの?』あなたにシェアしたい。

建物は誰のもの?

マンションは戸建て住宅と異なり、大きな建物の中に幾つもの住まいを計画した集合住宅。それゆえ建物を構成する(構造体)コンクリートの壁・床・柱・梁等は共有部分となり区分所有者全員の共有財産になる。
そして敷地は持ち分に応じて按分された所有権を持つことになる。(借地権や定期借地権の場合もある)
しかし、知っての通り「専有部分」と「敷地」を分割して売る(処分)ことはできない。これがマンションの権利の基本。

ただ、マンションにはあなたしか使わないが、専有部分でないモノもある。それは「玄関ドアと窓」になる。

窓は共用部分

窓ガラス・サッシ(アルミ窓枠)・網戸全てが共用部分になる。
しかし窓ガラスは専有使用部分となり、窓ガラスを割ってしまった場合は自費で直すことになる。ガラスの割れ要因(暴風、熱割れ)の定義は難しいところがあるが基本的には自費と考えていた方が良い。
自己要因となる、突風により飛ばされやすいモノをバルコニーに置くことは注意したい。

玄関ドアは曖昧

玄関ドアの基準は曖昧にも思える。
「鍵と内側内装」は専有部分、それ以外は共用部分になる。
鍵が専有部分であるのは納得できる。鍵が共用部分であったら誰でも解錠してよいことなる。それゆえ不具合があれば自己負担。このようなことをする人はいないだろうけど、玄関ドアの外側にシールを貼ったり、色を変えたりしてはいけない。

【マンションライフ】玄関ドア・窓は誰れのもの?

あるマンション事業者ではリースを掛けるフックが付いている玄関ドア周りがある。リースのように固定しない装飾であればOKとしているのだろう? これも掘り下げると共用部分の私物に該当する。しかし、皆の暮らしを豊かに感じさせるものであれば良しとして考えてもいいのだろう。

単純な結びだけど「皆の目が触れるところ」これを共用部分という認識で良いと思うよ。